1980年代から定期的に夜行列車を利用

父は私を夜行列車で旅行に連れて行ってくれた。いつも休日だった。それが私を夢中にさせた。今では35年以上、世界中の夜行列車に定期的に乗っている。

今では私も父親になり、息子を連れて夜行列車の旅をしている。息子はまだ小さいが、すでにとても楽しんでいるように感じる。

その合間に、木骨造りの家を改築したり、両親の面倒を見たり、インターネット・プロジェクトを運営したりしている。 レール・ドット・シーシー.

これは私の個人的なプロジェクトだ。むしろプライベート。というのも、電車での旅は単純に楽しいからだ。子供と一緒に長距離を移動し、素晴らしい瞬間をたくさん経験する最高の方法です。

楽しんで読んでね、ピーター🙂。

私は旅行が好きだ。新しいことを経験する。私にとって重要なのは 持続可能 が起こる。自然のために、そして私の精神のために。
P.フライスバーグ
ピーター
列車の旅
上部へスクロール